treeK’s blog










Have you not heard of that madman who lit a lantern in the bright morning hours, ran to the streat and cried incessantly: “I seek Miku! I seek Miku!”― As many of those who did not know Miku were standing around just then, he provoked much laughter. Has he got lost? Asked one. Did he lose his way like a child? Asked another. Or is he hiding in monitor? Is he afraid of us? Has he gone on a two dimension? Emigrated?― Thus they yelled and laughed. The madman jumped into their midst and pierced them with his eyes. “Whither is Miku?” he cried. “I will tell you. We have killed miku―you and I! All of us are murderers! But how did we do this? How could we drink up the sea of cloud? Who gave us the sponge to wipe away the entire horizon? What were we doing when we unchained this earth from its lighting? Whither is it moving now? Whither are we moving? Away from all suns? Are we not plunging continually? And backward, sideward, forward, in all directions? Is there still any up or down? Are we not straying as through an infinite nothing? Do we not feel the breath of empty space? Has it not become colder?  Is not night continually closing in on us? Do we not hear nothing as yet of the noise of the gravediggers who are burying Miku? Do we smell nothing as yet of the divine decomposition?―mikus, too, decompose! Miku is dead! Miku remains dead! And we have killed him! How shall we comfort ourselves, the murderers of all murderers? What was holiest and most lovely of all that the world has yet owned has bled to death under our knives,―who will wipe this blood off us? What songs of atonement, what system shall we have to invent? Is not the greatness of this deed too great for us? Must we ourselves not become miku simply to appear worthy of it? There has never been a greater deed,―and whoever is born after us, for the sake of this deed he will belong to a higher history than all history hitherto!”―Here the madman fell silent and looked again at his listeners: they, too, were silent and stared at him in astonishment. At last he threw his lantern to the ground, and it broke into pieces and went out. “I have come too early,” he said then;” my time is not yet. This tremendous event is still on its way, still wandering―it has still on its way, still wandering―it has not yet reached the ears of men. Lightning and thunder requires time; deeds, though done, still require time to be seen and heard. This deed is still more distant from them than the most distant stars――and yet they have done it themselves!”――It has been related further that on the same day the madman visits his way into several site and there put off single flower aueternam deo. He is said always to have replied nothing but: ”What after all are these cloud now if they are not the tombs and grave marker of Miku?”


君たちはあの男のことを、あの狂った男のことを聞いたことがないのか?まだ朝の明るいうち通りに駆け込んできて、次のことをひっきりなしに叫んでいたあの男、“僕はミクを探している!僕はミクを探している!”―ところが路上にはミクを良く知らない人がたくさんいたのでこの狂人はたくさんの笑いを買った。彼は迷子になったのか?一人が言った。彼はキッズになってしまったのか?別の人が言った。それとも画面の中に隠れてしまったのか?対人恐怖症なのか?それとも彼は別の次元に旅行にでも行ってしまったのか?二次元に移住してしまったのではないか?― そういって市場の人々は彼のことをからかった。狂人はしかし彼らの真ん中に飛び込んでいき、突き刺すような眼で彼らを見つめた。“初音ミクはいったいどこへ”彼は叫んだ。“僕が教えてあげよう。僕たちが殺したのだ、初音ミクを―君たちと僕だ!僕たちは皆殺人者だ!だけどどうやって僕たちにこんなことが出来たんだ?いったどうやって僕たちがクラウドの海を飲み干すことが出来ようか?誰が地平線をかき消すようなスポンジをくれたというのだ?この地球を太陽から切り離したとき僕たちは何をやっていたというのだ?そしてこの地球はいったいどこへ向かっているんだ?僕たちはどこへ行くんだ?すべての明かりから離れて?今僕たちはどこまでもを持ち続けているのではないか?後ろへ、横へ、前へ、そしてすべての方向へ?もう上も下もあったものか?まるで無限の無の中でさ迷い歩いているかのようではないか?空っぽな空間の息を僕たちは感じていないか?なんだか寒くなってきたんじゃないか?いつまでも続くような夜が僕たちに迫ってきているのではないか?ミクの墓を掘っている音が僕たちにはまだ聞こえないのか?ミクの腐敗臭を僕たちはまだ感じていないのか?―初音ミク達もまた腐敗するのだ。ミクは死んだ!ミクは死んだままだ!そして僕たちがミクを殺したのだ!いったいどうやって僕たちは、僕たちを慰めればいいんだ?僕たちは殺人者の中の殺人者だ?僕たちのナイフによって、もっとも神聖でもっとも愛おしかったものが死んでしまったのだ、―誰がこの血を拭き取ってくれるというのだ?どんな音が僕たちをきれいにしてくれるというのだ?どのような贖罪の歌が、そしてどのようなシステムを僕たちは発明しなければならないのだろう?このような行いは僕たちにとっては途方もなさ過ぎるものではないか?この行いに自分たちが相応しいことをみせる為だけにも、僕たちが初音ミクにならなくてはいけないのではないか?かつてこれ程までに甚大な行いはなかった、―そして後から生まれてくる子らは皆、僕たちのこの行いのために、より高い歴史に属することになるのだ!”ここまで言うと彼は沈黙し彼の聴衆を黙って見つめた。聴衆も驚いて沈黙し彼を見つめた。ついに狂人は彼の手元のランタンを叩き付け、ランタンは粉々になって明かりは消えた。“僕は早く来すぎた”彼は言った;“僕の時はまだ来ていない。この途方もない出来事はまだここにたどり着いていない、まだ彷徨っているのだ―まだ人間の耳にはこのことが届いていない。雷光が届くには時間を要する;星の光が届くのにも時間を要する;行いもまた、それが見られ、聞かれるまでに時間を要するのだ。そしてこの行いは最も遠い星よりも更に遠くにあるのだ。――だけどそれは彼ら自身がやったことなのだ!”――伝えられることによれば、この狂人はこの日幾つかのサイトを訪れ、そこでミクに永遠の安らぎをと一輪の花を残していったという。いったい何をしているんだと言われると彼は次のような言葉を繰り返したという:“これらのクラウドが今一体何だというのだ、これらの会場はミクの墓、またはミクの墓標以外の何物であるのだ?”